non sugar

小瀧望くんと佐藤龍我くんを応援してます。 @otodvd

サマステHiHi Jets単独公演があまりにも楽しかった話といつの間にか猪狩くんのめろおただった話

どうも〜、小瀧くんの1万字インタビュー感想(5ヵ月前)もクリエB少年単独公演感想(2ヶ月半前)も入所おめでとうブログ(1ヵ月前)も誕生日おめでとうブログ(2週間前)も書き終えてないのに(煮詰まりすぎ)、まだ公演が終わってないハイハイ単独の話を書き始めてしまったムウで〜す!

今あなたがこれを読んでいるということは、まさかの私はこの記事を5ヵ月前から書いてるブログよりも先に書き終えてしまったということですね!ンンンンンHiHi Jets罪!

 

 

まあそれはさておき。今回ご縁がありまして『夏祭り!裸の少年 SUMMER STATION HiHi Jets編』にお邪魔させて頂きました〜!!

いや、もう先に言うけどバチクソに楽しかった〜〜〜!!!!

取り敢えず、私のこと知らない人に豆知識(?)として教えると、私はジャニーズWEST東京B少年を応援してる金欠オタクなんだけど(金欠はいら情)、ハイハイ単独での私、完全にハイハイ担として入ってました。公演が始まるまで、確かに友人に「そおやに会いにいく〜〜♡♡」(密かに猪狩くんが好きだった話はまた後程)と言っていましたが、まだその時は、あくまで、愛する息子たち東京B少年が共に活動することが多いHiHi Jets先輩の公演を見に行くゾ〜!クリエの単独公演がめちゃめちゃに評判が良かったから超楽しみだぜ〜!みたいなテンションでした。

 

 

だが公演開始数秒後の私、完全にHiHi Jets(主に猪狩)担の顔になる。HiHi Jets〜〜〜!!!お前らしかいねぇ〜〜〜!!!の顔になる。

 

 

 

あらあら〜!どうしちゃったの!(バシッ)と心の中の近所のおばちゃんが出てくる程の豹変っぷり!いや、自分でもびっくりなんだけど、完全に他Gの現場に行った感覚ではなかった。ハイBとして担当Gと共に活動してるとはいえ、あくまで他Gという認識でいたので、まさかといった感覚でした。

 

 

公演が始まった瞬間の声出し。いやもう既に楽しい。知ってる?オタクってアイドルに煽られると自然に黄色い声が出る身体の仕組みになってるし、声出すことによって楽しさ増しちゃうの。いや知ってるかごめんごめん。

序盤からアゲアゲでC&R。さすがに楽しすぎじゃん?そんでみんなが踊れる振り付け曲もあるじゃん?いや、どう足掻こうとこれはWEST担の血が騒ぐやつ!!!私が愛して止まない「ファン参加型コンサート」!!!!!

これは後で知ったけど、HiHi Jetsはファン参加型のコンサートを目指していたようで。もう、まさにでしたよ。大好きな参加型コンサートでした。相性がいいのが開始数秒でわかったら、もう話は早い。お陰様で5人に魂を吸い取られ、頭のてっぺんから足の爪の先までしっかりハイハイ担になる私。オタク、コンサートが自分の性に合うかどうか、超大事。

 

 

いや〜〜〜それにしてもHiHi Jets単独公演は最高だった。取り敢えず最高だった点を箇条書きで書くね!!!!

 

 

  • セトリ構成が良い!

序盤にC&Rや振り付けが簡単な盛り上げ曲を入れてファンのボルテージどんどん上げて、FIRE!!!でメンバー・ファン共に一丸となる!!!声を上げる!!!ファイヤー!!!ライヤー!!!俺の流儀ィ卍!!!ファイヤ!!ファイヤー!!ファファファファファイヤッレツゴッ!!!フゥ〜rrrrrrrrrrァァア!!!!!狂気に包まれる会場!!!こりゃ楽しさ半端じゃねぇ!!!

からのだぁどら!!!テンション!!!また声出せるじゃん!!!今気付いたけどサマーステーションからCandyまで声出したり一緒に踊れる曲が8曲も連続して続いてんのね!!!そりゃ序盤から楽しいわ!!掴みバッチリすぎ!!!からのソロメドレーに夏曲にHiHi爆イケJetsによる魅せる曲シリーズ、そして最後はしっとり終わる構成!!!!オイオイようできとんな!!!これJr.のコンサート?って何度か疑っちまったぜ!!!!

 

  • 選曲が良い!!

本人たちの意志がまっすぐ伝わってくる選曲たち、いや〜涙ちょちょぎれだったぜ。この春作間くんが加入し更なるパワーアップを遂げたHiHi Jetsさんによる「もう一度あの日に戻るとしても同じ道選ぶだろう」は泣けますね!!!グループとしての意識が強いHiHi Jetsさんたちと「終わることない夢を見たい」し、向上心が止まらない彼らによる「自分次第で変わる未来」は説得力がありすぎる。しかも、なんだいなんだい、「君たちが明日の“ヒカリ”だ」って!!!こっちのセリフじゃコノヤローバーロー(号泣)(号泣)

なんだよなんだよ〜〜〜!!!だぁ〜くねすどらごんでは「毎日進展たまに有頂天なるけど勝つことここらで証明 当然 挑戦 完全 勝利で掴み取る頂点俺らがHiHi Jetsって!!!!うあああああああ!!!!最初から最後まで選曲ずるくな〜い??泣いた〜〜〜!!!好きなんだけど〜〜〜!!!無理〜〜!!!歌に乗せて思い届けてくれる系のアイドル好きすぎて無理〜〜!!!お前ら絶対最高の景色見させてくれる系のアイドルじゃ〜〜〜ん!!!!!!そんなの好きじゃ〜〜〜ん!!!!

 

  • セットの使い方が上手!!!

いや〜〜!!!ローラーでギュンギュン登ったり下ったりするのももちろん良かったけど、まさか!!!まさかYes!ででっかいセット使ってキメ込んでくるとはね!!!思いもしなかったぜ!!!あんな別にエロさの欠けらも無いセットがエロい仕組みに見えてくる使い方するなんて、も〜〜〜HiHi Jetsさん何者かしら!!!えっち!!!だって去年ステージの真ん中で腰振ってたのに〜踊ってたのに〜〜!!!少クラではローラーまで履いちゃってたのに〜〜!!!なんだなんだ今年の5人のYes!はそんなに踊らずドーンとセクシーに構えてセットごと迫ってくる系ですか!!!ハイハイハイハイ好きで〜〜〜す!!!ありがとうございま〜〜〜す!!!毎回新鮮に好きでした〜〜〜!!!女性ホルモンが分泌されました〜〜〜!!!

 

  • MCのカオス(超絶面白い)さ!!!!

まだトーク勉強中感もありながら、ラジオで鍛えたゆうぴのまとめ力、聡明な猪狩くんによる修正力、その他爆弾(言い方が悪い)(でもめっちゃこれが好き)(特に作間くんは大爆弾)が良いコンビネーションを生み出していて、DKノリもあってカオス感もある中、何故か最終的に生まれるまとまり。いやとても面白かった。声に出して笑った。無駄に長いしね!(笑)

ん〜〜〜こりゃ数年後絶対テンポよくなるやつ、楽しみなやつ!!!

 

  • ファンを煽る時の言葉選び!!!!!

主に最後な!!!猪狩くんによるハイハイコールですよ!!!これ、なんか名前あるの?めっちゃ素敵なC&Rだよね!!!猪狩くんが「これからも俺ら5人で頑張るから!!みんなもついてきて!!!」って言うの、天才の極みだった……………………5人グループとしての意識、これからも頂点を目指していく姿勢、ファンに最高の景色を見せると誓う心構え、ファンが必要だという真っ直ぐな気持ち、俺らについてくれば間違いないと思わせる強い意味、全部詰まってんだもん!!!!んでアレだ、袖に捌けた後も「これからも俺たちについてきてくれますか!!!」\ハイハイ!!!/な!!!!!普通メンバーが捌けたらコンサートは終わるのに、まだ終わらない上に、これからもついていきたいと思わせるような終わり方!!!!天才かなぁ〜〜〜〜〜〜!!!!!!ほんとこいつら信じてついていけば間違いねぇ!!!!!

 

 

 

いやもうこりゃハイハイ担になって帰ってくるって。私、だって自分の担当のこと一切公演中頭に浮かばなかったもんね。完全にハイハイ担だった。私はハイハイ担だった、あの時。完全に。

 

作間「自分をわ〜すれてワンデイワンナァーーーーーイ」ムウ「それな〜〜〜〜〜〜!!!!」

スーーー……………(ここで出番を終えた作間くんは徐々にローラーで下がってゆく)(そこまでの再現はいらん)

いや、「だった」って、それ以降はハイハイ担じゃないの?!って言われると、全くそんなことは無い。が、少し説明が難しいので担当制度クソほど面倒くさいなと頭をポリポリ掻き始める次第です。(頑張ろうね説明下手なムウちゃん)

なんというか、二重人格になったような感覚です。

普段の私には既に1番に好きなアイドルがいて、毎日その人たちのことだけを考えている。ただ、それとは別にハイハイが1番に好きな私も、ちゃんと私です。でもそのふたつは共存しないのです。ハイハイの為だけに会いにいく時やふとした時にそれは働きます。とても一時的に働きますが、常に私に住み着いてはいます。凄い説明が難しいけれど、私と同じ現象に陥ってるひとも居ると思ってる………のですが…………いや、これ、本当にネタとかでもなんでもない真剣な話です。いや〜〜〜〜伝わらないかぁ、これ、皆さんと共有したかったんですけど…………(シュン)(大学の教授の真似)(いや誰にも伝わらねぇよ)

なんか、ハイハイの魂吸引力ってダイソン以上じゃないですか(どうした?)、これ本当に凄くて…………担当ではないけど特別なの、担当でも推しでも違う、特別。ハイハイ見てる間はハイハイのことしか考えられないので完全に不倫でした。(不倫でした)

 

 

 

 

さてさて。タイトルに書いたように、私が猪狩くんのめろおたになった話を今度はしましょう。求められてないけど、まず、猪狩くんを気にかけるきっかけから。

昨年の夏、自分がキントレに入る前に猪狩担の友人に「お願いだから公演中の猪狩くんを見て」とマジな目で訴えかけられたところからスタートします。その後、公演中担当が出るところ以外は彼のメンバーカラーでペンライトを光らせてみたところ、まあ、目が合う目が合う。(ここで流れ出す「勘違い目が合えば〜」)(せーの!「しんどいがり〜〜〜!」)

彼を目線で追っていくと、確実に今自分のオタクちらっと見たね?!愛おしそうに見たね?!と思う程に彼がよく客席を見ているのがわかり、それがあまりにも優しい眼差しでさすがに恋した。オイオイ猪狩くんの5個上の私どうした?

とりあえず下記がその時の私の様子です。

 

 

 

 

凄い!!!!語彙力無さすぎる!!!!いやでもおわかり頂けるだろう。現場で彼を見てしまったら彼の虜になってしまうということを。信じられない?いやいやいや。そう言ってられるのも今のうちだからな!!公演で彼をずっと追ってみろ!!!!!さすがに誰でも恋するからな!!!!!!!!そう!!!公演に入ってしまえば!!!

橋本「falling falling もう恋に落ちている」ムウ「間違いねぇ〜〜!!!!」

………ということなのです。これが昨年の出来事としてあり、今回緑色のペンライトで挑むことにしていたのです。

皆に「エッ、ムウちゃん猪狩くんなんだ?!」と何故か意外がられましたが、実は密かに恋してた。ガチめにめろめろにやられているやつ。普段の私は担当や推しを尊び温かい眼差しで見守る系のオタクなのに、コンサートで近くに担当来ても何もできなくなってしまうようなオタクなのに、自担の良さを同担と語り倒したいオタクなのに、猪狩くんの時は違う。

めろおたガチ恋オタクという未開拓な自分を引き出してしまった猪狩くん、罪な男だぜ。ということでめろおた猪狩担参戦でした。

猪狩くんがどこに居ても彼を目線で追ってしまうし、ファンを愛おしく見る目が堪らなく好きだし、ファンサした後にファンが崩れゆく姿を見つめたり、ハハッて笑って去っていったりするのも最高に爆イケがすぎて軽率に恋だった。

これは全くネタではないのでバカにはされたくないのですが、若干の同担拒否()が公演前に発生しました。猪狩くんすご。私、全然今まで10年間同担拒否とは無縁のオタクだったのに。でも聞いて驚くな、ハイハイ単独入った3公演中2回隣が猪狩担で、公演前う〜わと思ったのに、公演始まったらあら不思議。隣の猪狩担と猪狩くんの無理ポイントで思いを共有し始める私。しかも公演始まって数秒後。いやいやいや、早ない?フリかな?ネタかよ。でもこの思いだけはネタじゃないの、信じて欲しい。いや〜猪狩くんすご(本日2度目)秒で同担拒否じゃなくなったもん、すご(自分の切り替え含め)

 

 

ほんと、このめろおた猪狩担な部分はツイッターでは書けなかったし、ブログであっても書いたら本気で猪狩くんを応援してる方々に失礼かなと思ったけど、でも私も公演中はガチのめろおただったので、これは「猪狩くんがどれほど罪な男か」ということを発信したい気持ちに駆られ、炎上覚悟で書いた。猪狩くんマジで強い。本気で好きになっちゃう。自分にとって猪狩くんは、「ドラマや映画の配役的に重要な役だけどエンドロールの最後の方に特別出演として名前が表示される人」のような感じ。上手く伝わればいいな、これ。

 

 

私の潜在能力を引き出した猪狩蒼弥(15)(5個下)(号泣)、マジ強い。

 

 

という、初めての自分に出会ったハイハイ単独公演でした!!!!!!総じて楽しかった〜〜〜!!!本当に、この単独公演がずっとずっと終わらなければ良いのにと願うばかりでした!!!!!残り2公演で終わってしまうのが悲しい!!!!けど!!!この楽しかった思い出は一生忘れない、宝物にします!!!最高のコンサートをありがとうございました!!!!今のあなた達に出会えて、こうしてコンサートを見ることができて、良かった!!!!HiHi Jets、お前ら最高だ〜〜〜〜〜〜!!!!!!