アカンWOTA〜重症愛やで〜

小瀧望くんと佐藤龍我くんを応援してます。 @otodvd

クリスマスイヴ、24のドームへ7人のサンタに会いに行きました。

どうもどうもこんばんは、ムウです。

2016年12月24日念願だったジャニーズWESTのドームコンに行ってまいりました。もう、思うことがありすぎてTwitterでドバーっと感想呟いたのですが、それじゃまだ足りなくて。Twitterでは言わなかったことも沢山言いたいのでブログで書きます。

どこから話したらいいのかわからなくって、まとまらないかもしれないです。すみません(笑)途中話が脱線して読みにくくもなると思いますが、どうかお付き合いいただきたいです。

 

 

 

 

朝っぱらから京セラにいてドームコンへの気持ちを整えてきました。不思議なもんでね、あんなに待ち焦がれていてドームに立つ姿をたっくさん想像してきたのに、いざ現実になると実感がわかなくて。本当にここでコンサートするのか?夢か?と大阪まで来たのに疑ってしまうくらいに気持ちがふわふわしたままで。

会場に入った時にカチカチと音を立てながらペンライトの発色を確認するファンや、ステージを端から端まで双眼鏡で眺めるファンを目の当たりにして「いよいよこの時が来たのか」とジワジワと実感してきました。

ただ、びっくりするくらい気持ちに余裕があったので、その場にいるファンの顔を見渡してみたんです。そしたらみんなみんな幸せそうな笑顔をしていました。コンサート入れるから当たり前だろ!って思われるかもしれないけど、ちょっといつもとは違う雰囲気はあったんです。

そんな中会場に流れる「ええじゃないか」のカラオケバージョンの音に合わせながら、あの会場にいたほとんどの人がペンライトを点灯させ、ええじゃないかを口ずさみ、踊り始めて。その景色がとても綺麗で思わず泣きそうになってしまいました。まだ本人達は出てきてないのに皆で歌って踊って笑顔で拍手し合って。あの景色は本人達には届いていなかったのかと思うと少し惜しいです。だってあの瞬間、誰もがジャスミン最高だ」って震えたでしょ!痺れたでしょ!ファンなんて本当にいろんな人がいるし、全員が揃って何かをするってほぼ無理に近いのに、やれと言われてもないことをコンサート始まる前からできるってなかなかないですから。見てもらいたかったな~。

 

 

 

さて、話は変わりますが、今回のコンサートの感想を書く上で避けては通れないのが「Jr.時代の曲メドレー」です。Jr.時代の映像から泣かせにきてるよね......あれもこれも好きな写真ばかりで。改めて見てみるとどの時代もキラキラ輝いてたなって。あの時少年だった彼らの眼差しもどれも真剣で綺麗だった。

アメフリ→レインボウのイントロが聴こえた瞬間、B.A.D.が出てきて。次に濵田くんがSTAY GOLDを歌って、7WESTがDial Upを歌って。全部Jr.の時に着てた衣装で。その時点で泣いちゃって、視界がぼやけながらも必死で会場を見渡すと馴染みのある振付でペンライトを動かしているのが見えて、こんな綺麗なもの見れるって最高だってもっと泣いてしまいました。

それからNEXT STAGE、シルエットと続いて。7人だけで歌うことで関ジュ時代とはまた違う意味合いも見えて、胸に来るものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

関西ジャニーズJr.時代からジャニーズWESTになった今まで彼らが貰ったオリジナル曲のほとんどに「感謝」や、「てっぺんとる」という意志、「愛」が詰まった歌詞があって、今回はそれが全面に出てたコンサートだなと感じました。セトリがズルかった。でも、ただ泣かせるんじゃなくてちょいちょい笑わせてきたり、かっこよく魅せてくれたり、コール&レスポンスがある曲で盛り上げてくれたりって。全ての比率が初ドームにはちょうどよくて。それがまたこのコンサートを最高にさせたんだと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 でね、ここからちょっと小瀧くんが挨拶で言った言葉から私が思ったことを書きます..........。憶測も混じりますので、ご容赦ください。

あの、飛ばしてもらって構いません。

 

 

 

 

 

 

小瀧くんは最後の挨拶で声を詰まらせてしまった時に咳払いをして泣かないようにしてて。会場がクスッと小瀧くんを愛おしそうな目で見ながら笑った時、「悲しい別れもあった」とハッキリ言われて。(順番逆だったかも)

私も少しハッとして。でもその言葉の後には必ずプラスへ持っていく言葉で繋げて、それで会場全体が涙していました。

また、私が入ってない残り2公演でも関西ジャニーズJr.に入った当初のことや、メンバーとの出会い、7WESTのことを言っていたようで、私はその場面を見ることはできませんでしたが、小瀧くんの挨拶のレポを読むだけで涙が止まらなくて。

いつも小瀧くんは昔のことをなかったことにはしないし、直球で来ると見せかけて色んなファンの思いもちゃんと考えられてる言葉選びをする。特に20歳を迎えてから言いたいことをちゃんと自分らしい言葉で伝えられるようになった気がします。私はいつも小瀧くんのそんな言葉選びが大好きで。ハッとして終わるんじゃなくてちゃんとファンも次のステージを見られるように導いてくれるから。ふと後ろを振り返って泣いてしまいそうな時に私はいつも小瀧くんの言葉に助けられるんです。

 

 

 

 

小瀧くんは7WESTの中でも最年少で。初めの頃は馴染めなかったってよく言ってるけど本当に今では考えられないほど静かで。いつもちょっと引いて皆んなのことを見てて、どこか落ち着いてた。「癒し系」「可愛い」と言われ、それからお兄ちゃんたちに愛されてた小瀧くん。

優馬くんとも辞めていった2人ともとても仲が良かった。特に辞めた1人とは同期で同じタイミングで7WESTに入ったからかいっつも一緒に居て、お互いに一番お互いをわかってるような存在で。彼といる小瀧くんはいたずらしたりお茶目な面を見せてくれたりして。そんな彼が辞めると言った時のことを小瀧くんは「人の人生やから俺は引き止められなかった」と振り返った。絶対に小瀧くんにとって彼は大切な存在だったと私は感じてたから、きっと沢山思うことがあったと思うんです。でもそんな思いも自分の中に閉じ込めて。あの時15歳だった小瀧くんは大人で芯の強い人だった。

でもそんなこと思ってても小瀧くんは、12歳の若さで飛び込んだ世界で、初めて手に入れた仲間である7WESTを誰よりも好きでいて大切にしてくれたから、新しく前へ踏み出したメンバーとまた夢を見て。

やっとデビューの夢を叶えた時、また大好きなメンバーとお別れするような形になってしまって、一緒にデビューするという夢は叶えられなくて。凄く申し訳なさそうに笑って泣いてた。あの時のカウコンと新聞、何度見返しても小瀧くんはいつものように笑えてなくて。それは他の3人も同じだった。

4人で沢山話し合って、大人に頭を下げてまた大好きな2人と先輩の濵田くんと一緒になれて。2月5日の小瀧くんの表情は本当に嬉しそうでちゃんと笑えてた。

小瀧くんがジャニーズに入所してから入ったグループはどちらも気持ち的にマイナスから始まったけれど、結果どちらもマイナスなんてなくなって愛で溢れたグループになった。

ドームで7WESTのこともジャニーズWESTのことも振り返った小瀧くん。私もそのコメント、表情、全てに愛を感じたよ。小瀧くんが素敵なメンバーに出会えて良かった。またグループを愛してくれてありがとう。私には小瀧くんがグループに愛を注いだ分だけ、より全てが輝いて見えてるんだよ。

 

 

最近、よく小瀧くんの成長を目の当たりにした古株の皆さんが「いい子に育った」と母親目線で言うけれど、私はその感覚よりかは「一緒に成長してきた」というのが強くて。

6年とちょっと前、学年が一つ上の小瀧くんに担降りした時、私も小瀧くんもまだ中学生で、成長途中で。近しい存在の友達でもなければ、そもそも会ったこともない人だったけど、私は小瀧くんのちょっと後ろで歩いてきた感覚で。でも気付けばデビューして、主演舞台もやって、ドームもやってて私が頑張って手を伸ばしても届かないくらい前へ進んでいて(精神的距離とか物理的距離の話ではなく、成長の面で)。いつの間にか彼の活躍する姿が私に刺激を与えるような形になってしまったけど。

 

 

 

小瀧担になって6年という長いようで短いような道のりの先で迎えた今回のドーム。ドームでメインの位置に立つ小瀧くんは今まで見た中で一番輝いてて眩しかった。そして皆に見守られながら挨拶をする小瀧くんを見て、本当に愛される人なんだなと伝わってきました。

私もそんな大人になりたいなあ。どうやったらなれるんだろう。凄い人なんだなあ、小瀧くんは。成長した小瀧くん、私の目標になるような人でいてくれてありがとう。私はまた背中を追っていきます。

 

 

 

 

 

気持ち悪すぎだろ............本題に戻ろう。

 

 

 

 

 

 京セラドーム2日間3公演、お疲れさまでした。最初っから最後まで最高のステージをありがとう。夢に見た景色を見せてくれてありがとう。私は想像よりも遥かに美しい未来を見ることができて、幸せの気持ちでいっぱいです。

カチカチとペンライトをメンバーカラーに変える音も、メンバーカラーに染まる会場を見渡す7人の瞳も、全てが愛おしかった。初めてのドームコンがこんなに良いものになるって素敵。この日のこと一生忘れられないだろうな。

 

 

淳太くんも濵田くんも言ってたけど、「近い存在でいてくれる」っていうのはアイドルにはなかなかなくて、でもジャニーズWESTはそんな存在で。ドームやっても尚そう思わせてくれる、そういうアイドルでいてくれるというのが本当に嬉しくて。

twitter.com

 

twitter.com

本当にこのような気持ちです。もう、何度でも感謝の気持ちを伝えたい。そんなコンサートにしてくれてありがとう。最高のクリスマスプレゼントになりました。

 

 

 

いつまでもジャニーズWESTが素敵なグループであり続けられるよう、私も今の気持ちを忘れずにいなくては。あなたたちが私たちにくれた愛の数だけ幸せになれたんだ。同じ分だけお返ししなくちゃ。