アカンWOTA〜重症愛やで〜

小瀧望くんと佐藤龍我くんを応援してます。 @otodvd

かみこたの今までを振り返ってみる

 

 

どうもどうも、こんばんは、ムウです。

 

 

 

 

いきなりですが、皆さんは  かみこた*1 というコンビはお好きでしょうか?

 

f:id:OTO__MOON:20160917165828j:image

 

(ヒエ〜可愛すぎ〜!)

 

 

 

 

自己紹介ばとんでチョロっと書きましたが、私は今現在かみこた推しです。

 

otomoon.hatenablog.com

 

 (↑自己紹介ばとんの記事です。)

 

 

今まではかみこたを推す人は非常に少ないイメージでした。

いや、かみこたを推したい!と思えるタイミングがなかったと言った方が正しいでしょうか。

7WESTが4人になった辺りから徐々に絡みが増えた気もしますが、そこまで仲が良いという印象もなかったですから。

ジャニーズWESTの7WESTメンバーの中で1番距離が縮まるのに時間が掛かった2人かもしれません。

 

 

 

 

まあ、そりゃかみこた推し少ないわな、、ってな感じです。

 

 

 

 

ですが、じわじわと2人の絡みが増え、距離が縮まり、デビューしてからはファンの間でも「最近かみこたがアツイ!」と言わんばかりに、かみこた厨*2が増えてきた気がします。(嬉しい)

 

 

 

そこでかみこたブームもじわじわ来ている今、自分用メモも兼ねてこれまでのかみこたを振り返ってみようかな〜と思います。

と言っても私は2人の入所した時期から知っている訳では無いので憶測も混じりますし、2010年からのことも主観が混じります。

ほぼ個人的見解ですので、「こういう意見もあるのね」「あ〜バカがなんか言ってんな〜」程度に読んで頂ければな、と。

 

 

 

 

 

 

まずは彼らのプロフィールから。


f:id:OTO__MOON:20160917170513j:image

 

神山 智洋(かみやま ともひろ)1993年7月1日生まれのA型。兵庫県出身。

2004年2月、ジャニーズ事務所に関西レッスン生として入所し、ジャニーズJr.内ユニットの関西BOY'SやTOP Kidsとして活動する。

2007年8月、Hey!Say!7の関西版として結成された、Hey! Say! 7 WEST(後の7WEST)のメンバーとなる。

2014年4月23日、ジャニーズWESTのメンバーとしてCDデビューする。

(Wikipedia参照)

 

f:id:OTO__MOON:20160917225847j:plain

小瀧 望(こたき のぞむ )1996年7月30日生まれのO型。大阪府出身。

2008年7月にジャニーズ事務所に入所。

翌月にはHey!Say!7WEST(後の7WEST)への加入が発表された。

2014年4月23日、ジャニーズWESTのメンバーとしてCDデビューする。

(Wikipedia参照)

 


f:id:OTO__MOON:20160917175020j:image

年の差3歳差の彼らは芸歴で言うと4年の差があります。

 小さい時からダンスを習っていた為ダンスが得意で、更に歌もうまく、アクロバットも演技もできる神山くんに対し、サッカー少年でアイドルらしきことはしていなかった小瀧くん。

そんな小瀧くんは以前、神山くんの第一印象を「エリート」だと言っていました。*3

「神山くんは何でなんでもできるんだろう」「神ちゃんはオールマイティー」など雑誌やラジオで複数回言っていましたので、相当神山くんを尊敬……とまで言えるかはわかりませんが、常に目上の存在として、また、「お父さんみたい」「ダンスの立ち位置は神ちゃんに聞く」と言っていたので頼れる存在として見ていたのかなと思います。

 

 

何でもできる神山くんは、7WESTの中でいち早く(しかも小瀧くんが入所する前!)ソロ曲をもらい、松竹座での舞台「少年たち」では桐山くんと対立する重要な役を任され、常に重岡くんと共に7WESTのセンターを張り、多くの歌割を任されていました。

それに対して小瀧くんは、歌やパフォーマンスの立ち位置的には「平」という感じでした(推される時もありましたが!)。完全な平ではないんですけど、どっちかと言うと……という立ち位置にいたのかな、多分。

 

 

まあこんだけ立ち位置が違って4年も先輩となると、いくらメンバーとはいえ目上の人っぽく見ちゃうよね……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなかみこたちゃんを、ここからは2010年からデビューまでに起こった主な彼らの大体の活動内容を時系列順に振り返っていこうと思います。

……2010年からかよ( ^^ )って思った方、大変申し訳ないです。それより前となると私も完全なる憶測でしか物を言えないもので( ̄▽ ̄;)

 

 

 

あくまでもかみこたに焦点を置いて書いています。他のメンバーが絡む部分もサラッとしか書きません。また、関西ジャニーズJr.が毎年行っているような舞台、コンサートは一部省いています。ご了承ください。

 

 

※神山くん⇒緑色、小瀧くん⇒ピンク、かみこた⇒灰色で表示します。

 

 

 

 

【 2010年 】 

 

8月 松竹座公演「少年たち〜格子無き牢獄〜」

(関西ジャニーズJr.総出演)

神山くんは桐山くんと対立する重要な役を担う。小瀧くんは神山くん側のメンバーの1人。

f:id:OTO__MOON:20160919030056j:plain

(↑桐山くんとライバルを歌う神山くんかっこいいしんどい)

 

11月「年末ヤング東西歌合戦!東西Jr.2010!A.B.C-Z+ジャニーズJr.選抜VS中山優馬+関西Jr.選抜」の選抜入り。

 

 (濵田、桐山、重岡、神山、向井、北田*4、金内*5 )

 

 

 

  • 選抜入りしていることから、この年もやはり神山くんは推されているという印象。

 

 

 

 

【 2011年 】

 

8月 松竹座での舞台「少年たち~格子無き牢獄~」

役柄はほぼほぼ前年同様。

 

9月 日生劇場で行われた、舞台「少年たち~格子無き牢獄~」の関西からの選抜5人に選ばれる。

(中間、濵田、桐山、重岡、神山)

関東のジャニーズJr.とメインで舞台をやるのはこれが初めてだったでしょうか。この選抜に入った5人はこの辺りから関西のセンターに必ずいた気がします。

 

 

 

 

  • 特に小瀧くんに目立ったことはなかったが、冬辺りからトーク力アップ。大人しめだけどちょっとお茶目な一面も覗かせ、皆からは癒し系と言われていたが、ここで急にお笑い路線に走る。(というより素を出せるようになった)

 

 

 

  • この年もやはり推されている神山くんと平な小瀧くん。

 

 

 

 

【 2012 】

 

2月 中山優馬くん主演スペシャルドラマ「翼よ!あれが恋の灯だ!」に出演。

(中山、重岡、神山)

ま~~可愛い役でした。優馬くんと一緒にこのドラマに出るのは神山くんと重岡くんのみだったので、さすが7WESTのお兄ちゃん!って思いましたねぇ。

 

3月 映画「寮フェス」公開

(重岡、神山、藤井、竹本*6、新垣*7、小瀧、向井、金内)

主演重岡くんに続く重要な役を演じる。小瀧くんはメインメンバーですが、さほど重要な役ではなかったかな。

 

4月 「関西ジャニーズJr.春休みスペシャルコンサート2012」内で行われた「ピーチケパーチケ」レギュラーオーディション結果発表で見事レギュラーを獲得。

前年の冬辺りからトーク力を伸ばしてきた小瀧くんが、中間くんと共にレギュラーの座をゲット。その時はまだ私も癒し系のんちゃんのイメージが消えてなくて、まさかこのレギュラーに選ばれるなんて思ってもみなかったので、相当成長早いなと感心しました。本人も相当驚いていましたよね。

 

4-5月 舞台「滝沢歌舞伎」の選抜入り。

(桐山、濵田、重岡、神山)*8

関西ジャニーズJr.から滝沢歌舞伎に出演するのはこの4人が初。前年に日生劇場の少年たち選抜に選ばれたこの4人と中間くんはこの年も関西Jr.の中で推されていました。

 

5月 関西ジャニーズJr.として「ジャニーズ銀座 Youの前にはMeがいる!」出演。

同時期に滝沢歌舞伎があったため、滝沢歌舞伎選抜(+中間くん)組=2組と、その他(+中間くん)組=1組に別れる。どっちにもいる中間くんっょぃ。

もちろん、ここではかみこたの2人は別公演です。小瀧くんが1組、神山くんは2組。

 

7月 ファンミーティング中山優馬with関西ジャニーズJr.」選抜入り。

(中山、中間、桐山、重岡、藤井、小瀧)

神山くんは現ジャニーズWESTの7WESTメンバーで唯一の選抜落ち。

ここでずっと推されていた神山くんが初めて選抜から外されます。

 

 

 

  • この辺で徐々に立ち位置が変わっていく2人。

 

 

 

 

8月 松竹座での舞台「少年たち~格子無き牢獄~」で、配役変更。

桐山くんと対立する役が小瀧くんに変わる。神山くんは別の役に。

またしてもここで神山くんがメインから外されます。ピーチケパーチケのレギュラーが決まった辺りからでしょうか、小瀧くんが推されるようになります。

 

9月 日生劇場での「少年たち Jail in the Sky」の選抜に現ジャニーズWESTの7人が選ばれる。

最初出演の予定がなかった藤井くんと小瀧くんが急遽出演することに。*9

 

11月 コンサート中山優馬with関西ジャニーズJr. inオリックス劇場選抜入り。

(中山、中間、桐山、重岡、神山、藤井、小瀧)

前回のファンミーティングにはいなかった神山くんがここでは選抜入りをしました。

 

12月 関西ジャニーズJr.クリスマスコンサート」にて映画「関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲!」の公開が発表される。

(中間、桐山、重岡、藤井、小瀧、浜中、向井)

小瀧くん選抜入り。神山くんは7WESTメンバーで唯一の選抜落ち。

 

 

 

  • この年からじわじわとダンスの立ち位置も徐々にかみこたで反対に。つまり7WESTでの立ち位置は小瀧くんが重岡くんと共に真ん中に立つことが増えてきます。

 

 

 神山くんは選抜落ちが続く中、雑誌の企画で「進むため ファンのみんな 力くれ」という川柳を詠み、こう話を続けました。「ドラマや舞台にもっと出たい。デビューできるよう活動の幅を広げるには、みんなの声が必要やねん。これからも応援よろしくね。」

弱い部分を見せない神山くんが、私たちファンを頼ってくれたのです。私たちもこの時から出来る限り彼の力になれるよう、努力し始めます。

 

 

【 2013年】

 

1月 コンサート「選抜 関西ジャニーズJr.大江戸元旦公演 明けましてIN TOKYO DOME CITY」

(中間、濵田、桐山、重岡、神山、藤井、小瀧、向井、金内、平野、西畑、永瀬、大西)

神山くんは最初7WESTメンバーで唯一選抜落ちしたが、その後追加で出演が発表される。

ファンも少しずつ動き始めたからか、それまで選抜落ちが続いていた神山くんが突然出演することに。

Jr.というものは一度干されてしまえばそのまま辞めてしまう傾向があったので、神山くんは急にあれだけ選抜落ちしてしまっていたものですから、「神ちゃん辞めないよね?大丈夫だよね?」なんて言うファンも少なくはありませんでした。ここで選抜入りし、ファンもちょっと胸をなでおろしました。

 

3月 映画「関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲!」公開

この映画がキッカケでスッキリ、ウェークアップ+など全国区のワイドショーに出演しましたが、もちろん神山くんはそこにはいません。自分たちのラジオでもこの映画を宣伝する際に「俺出てなくて内容わからんへんから教えて?」と他のメンバーに話を振る神山くん。聴くのがつらかった。

 

9月 舞台「ANOTHER」日生劇場公演

(中山、中間、桐山、重岡、神山、小瀧、向井、金内、平野)

この囲み取材にて発覚した、ジャニーさんの「関西ジャニーズJr.から7~8人でデビューさせる」という発言。

中間くんがMYOJOの1万字インタビューにて「9月には7人のデビューを事務所から告げられていた」と言っていたので、ここではほぼかみこたの2人のデビューが決まっていたと言っていいと思います。

 

12月 関西ジャニーズJr.クリスマスコンサート

なんとこのコンサートは今までなかったような「シャッフルユニット公演」でした。ジャニーズWESTの7人が関わったユニットはB.A.D.+重岡公演、B.A.D.+こたしげ公演、はまりゅかみ公演、桐濵公演。その他は重岡くんソロ公演、小瀧くんソロ公演、関西ジャニーズJr.スペシャル公演をやりました。

ここでなんとなく嫌な予感がしてきます。

「あれ?ジャニーさん夏にデビューどうのって言ってたけどもしやここで相性良かったグループを……?」「いやこれ絶対バド重デビュー決まったようなもんだろ……」(表に出せなかったけど胸にモヤモヤがあったオタの声)

 

 

 

 

そして予感は的中。 

 

 

 

 

【 2013-2014年 

 

ジャニーズ カウントダウンコンサートでジャニーズWEST4のデビュー発表。

メンバーは中間桐山重岡小瀧。

この時神山くんはデビュー組の選抜にも漏れました。後にMYOJO1万字インタビューで「俺、なんかしたか?と思った」と言っていました。ずっと推されていたのに急に選抜漏れが多くなり、その上でのデビュー組漏れでしたから、そう思ったのかも……?

 

2月 ジャニーズWEST初の舞台「なにわ侍ハローTOKYO!!」濵田藤井神山メンバー入り発表。ジャニーズWESTは現在の形に。

 

 

 

この舞台で神山くんが「俺は努力しても報われへん人間なんや」というセリフを言うシーンがあります。

後に小瀧くんはなにわぶ誌でこのシーンのことを「いまだに胸に刺さる」と言っています。これまでの神山くんを見てきたファンからしてもこのセリフほど辛いものはありませんでしたが、一番この言葉を聞いて胸が苦しくなるのは実は小瀧くんだったのかもしれません。大袈裟かもしれませんが、少なくともそのうちの1人に小瀧くんがいると私は思います。

 

 

歌にダンスにアクロバットに演技、神山くんはなんでも本当に上手にやってきました。そこからは沢山努力したのが十分伝わってきます。小瀧くんはその背中を見てきたはずなので、神山くんの努力を知らないわけがない。でも神山くんはある時から選抜に外されるようになり、それとは逆に他のメンバーと共に小瀧くんが選抜入りしていくのです。また、ダンスの立ち位置も小瀧くんが真ん中に立つようになりました。もちろん、小瀧くん自身も努力したから、この結果になったのだと思います。ただ、今まで同じメンバーとして活動していながらも、ずっと背中を追っていた存在だった神山くんと立ち位置が変わった小瀧くんからしたら、あのセリフは本当に辛いものだったのではないでしょうか。

 

 

そして小瀧くんは、「やっと一緒にデビューできたね」という言葉を繋げました。きっときっと小瀧くんは神山くんと一緒にデビューできたことが本当嬉しかったのでしょうね。また、選抜云々で色々あった2人なので、やっとその呪縛から離れられた、そんな感覚も少しはあったのではないかと思うんです。なにわぶ誌ではたったの6行でしたが、そのたったの6行から、かみこたの間にあった色んな感情を感じ取るような気がします。

 

 

 

......かみこたって深い。

 

 

 

 

沢山絡んでいるわけでもない、なんならちょっとだけ距離さえ感じてた2人は、今同じグループでデビューを果たし、超絶天使な仲良しかみこたちゃんにまで関係性は変わりました。上記のように色々あった2人が今こうして仲良くしていることにちょっとした感動もおぼえます。

 

 

私は、よくかみこたを尊いと言います。

記事に記したように、このような過程があっての今なので、一つひとつの絡みが尊くて仕方ないのです。今はジャニーズWEST自体の格差もなくなり、かみこたはようやく横並びになりました。今、この状況に辿りつけたため、これから先2人の関係性もまた徐々に変わってくるかもしれません。個人的に凄い楽しみです。これを読んでいる皆さんもこれからは少し注目して彼らを見てみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は〜長かった!最後の方文章ガタガタになっちゃったけどいっか!(小声)

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます!長文失礼しました!

*1:ジャニーズWEST神山智洋くんと小瀧望くんのコンビの愛称

*2:かみこたを推す人の呼称

*3:ジャニーズWEST1st写真集「おおきに。」に記載されています。

*4:北田和也くん。元関西ジャニーズJr.で当時Shadow WESTのメンバーだった。

*5:金内柊真くん。元関西ジャニーズJr.で当時Shadow WESTのメンバーだった。辞める直前はKin Kanのメンバーとして活動していた。

*6:竹本慎平くん。元関西ジャニーズJr.で当時7WESTのメンバーだった。

*7:新垣佑斗くん。元関西ジャニーズJr.で当時7WESTのメンバーだった。

*8:中間くんは出る予定ではあったみたいですが、当時関西のレギュラー番組との両立が難しかったからか、出演はありませんでした。

*9:出たい出たいと言っていたら、念願叶って出られたよう。